« YAMAGA Blanks BlueCurrent 76/TZ、83/TZ Long Cast 再入荷! | トップページ | 6/26 平舘マダイゲーム »

リップルフィッシャー Avarice 110H Nano 入荷しました!

Avarice110h

シーバスロッド「Avarice」に追加機種「110H Nano」新登場!

 

ますへいECより通販にてお求めいただけます。

 

現行モデル(110MH、116M)のユーザーの声、開発関係者も含め、フィールド・その時の状況によっては、キャスト・ファイトを通し、もう少し硬めのロッドの必要性を感じていた。
しかし「Monster Impact」シリーズの高反発なブランクではなく、曲がり、タメが効く「Avarice」シリーズのワンランクパワーアップモデルが欲しい。

 

 

 

そこで、「110H」、「116MH」の開発に至りました。

 

 

 

コンセプトは、

 

 

 

「軽く・強く・タメが効く・操作性が良い、スモールルアーもストレスなく使え、風が切れるロッド」

 

 

 

「アングラーを選ばない、扱いやすいロッド調子」

 

 

 

「リリースポイントが広く、ファイト時はタメがきくブランク設計」

 

 

 

高反発でガツガツした使用感の「Monster Impact」に対し、「Avarice」は多少マイルドな使用感です。オートマチックな要素がアングラーに足りない点をカバーしてくれます。

 

新素材「Nano」の使用により、そのブランクは更に軽く高反発でありながら、ファイトではしっかりタメが効く「Avariceの中核」を見事に実現しています。

 

Avarice 110H Nano : Lure Max 50g、Line PE2.5

 

(以上、メーカー資料を基に構成)

 

実際手にとった印象ですが、「Nano」素材採用でクラスの割りにはバット部が細身で軽く振るやすい軽快なフィーリングですが、曲げた時の反発の強さといいますか粘りの中の腰の強さをしっかり感じられるまさに「H」クラスのパワー。

 

この長さのクラスほど、「Nano」素材の良さが出る感じはありますね、軽く粘りながらも曲がりからの戻りの早さといいいますか反発の強さといいますか、非常に感触良いです。

 

Ripple Fisher WEBサイトAvarice 110H テスト 開発模様はこちらをご覧ください。

メーカーテスターによる実釣動画はこちらをご覧ください。

Avarice 110H Nanoおすすめです! 

極少量入荷で次回入荷は未定ですので、この機会にいかがでしょうか!

 

« YAMAGA Blanks BlueCurrent 76/TZ、83/TZ Long Cast 再入荷! | トップページ | 6/26 平舘マダイゲーム »

おすすめ品」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ